2018/04/18 10:12

自分たちで学校に行く日本の小学生たち どうして親は心配しないのか=中国メディア

小学校では親が学校まで送り迎えをすることが一般的な中国では、日本の小学生が子供だけで通学していることに驚くようだ。(イメージ写真提供:123RF)
小学校では親が学校まで送り迎えをすることが一般的な中国では、日本の小学生が子供だけで通学していることに驚くようだ。(イメージ写真提供:123RF)
 中国メディア・東方網は16日、「日本の保護者は、どうして子どもたちが自分で歩いて学校に行くことを心配しないのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「日本では子どもたちは小学校に自力で登校する。これは教師と保護者の間における暗黙の了解になっている。大人たちは、自力で通学することが子どもたちにとって独立の第一歩になると考えているのだ」とした。

 そして、「自力で登校するからといって、1人で通うわけではない。近所の子どもたちが一緒になって登校し、高学年の子どもたちがリーダーを務めて、低学年の子どもたちを引率し、保護する役割を担うのだ。それゆえ、日本の街では子どもたちが手と手を繋いで一緒に登校する姿をよく見かけるのである」と説明している。

 また、通学路になっている横断歩道にはしばしば黄色の旗が備え付けられていると紹介。「子どもたちがこの旗を持てば、やって来る自動車は停車する。子どもたちは止まってくれた自動車にお辞儀をしながら渡り、旗を渡った側の箱に入れるのだ」と伝えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >