2018/04/23 09:44

日本人は管理されるのが嫌なんだ! 日本に「身分証」がない理由=中国メディア

多くの国では身分証番号があり、中国でも全国民に対して身分証が発行されているが、日本にはないというのが不思議に感じるようだ。(イメージ写真提供:123RF)
多くの国では身分証番号があり、中国でも全国民に対して身分証が発行されているが、日本にはないというのが不思議に感じるようだ。(イメージ写真提供:123RF)
 日本で2015年から運用が始まったマイナンバー制度。この制度により、社会保障、税金、災害対策の3分野で共通の番号を導入し、行政を効率よく行えるようになるという。しかし、このナンバーがあればすべて個人の確認ができるわけではなく、これ以外の分野の行政では、引き続き住民票の写しが必要になるため、他国の発行している「国民IDカード」とは違うようだ。

 多くの国では身分証番号があり、中国でも全国民に対して身分証が発行されているが、日本にはないというのが不思議に感じるようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本にはどうして個人を証明できる身分証がないのかと題する記事を掲載した。

 中国の身分証は長距離バスや高速鉄道などのチケット購入や荷物の配送、そして携帯電話の契約にも必要となり、中国では誰もが自分の番号を暗唱できるほど日常的に使用されている。逆に言えば、この制度のおかげで国が国民を管理しやすくなっていると言えるだろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >