2018/04/23 15:34

日本を見れば分かる。教育が「最も安価な国防」であるという事実が=中国

幼稚園に関しては日本と中国の考え方には大きな違いがあるという。(イメージ写真提供:123RF)
幼稚園に関しては日本と中国の考え方には大きな違いがあるという。(イメージ写真提供:123RF)
 日本のマナーが高いのは、幼い時からの教育が大きく関係しているという意見があるが、日本ではどんな教育をしているのだろうか。中国メディアの捜狐は19日、日本の幼稚園について紹介する記事を掲載した。中国の幼稚園とは全く違っていて、教育が「最も安価な国防」であることが良く分かると称賛している。

 日本人の教育にかける意気込みは特別だという。記事は、日本人は戦後2週間もたたないうちに、廃墟の中で小学校教育を再開したとその意識の高さを称賛。特に、幼稚園に関しては日本と中国の考え方には大きな違いがあるという。

 記事によると、日本の幼稚園は公立・私立の別を問わず「簡素」だと指摘。豪華な設備は見られず、子どもたちは紙や箱などをおもちゃにしていて、本は非常に多くあると紹介した。記事は「あえて既製品のおもちゃを与えず、モノづくりの精神を培わせることで個々の可能性を引き出そうとしている」と教育者の賢さを称賛している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >