2018/04/24 13:56

日本、中国、韓国・・・東アジア3か国の子どもたちが抱える「運命」とは?=中国メディア

どうして欧米とは異なり、日中韓の東アジア諸国は子どもを小さいころから塾に行かせるのだろうか?(イメージ写真提供:123RF)
どうして欧米とは異なり、日中韓の東アジア諸国は子どもを小さいころから塾に行かせるのだろうか?(イメージ写真提供:123RF)
 中国メディア・東方網は20日、「日本と韓国の子どもは、中国みたいに補習クラスに行かないのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「今の社会、子どもをスタートラインの時点で勝たせたいというのが、中国の大多数の保護者が持つ共通認識であり、小さいころから補習クラスに参加させるのが当たり前の状況となっている。では、日本や韓国ではどうなのだろうか」とした。

 日本について、「日本人は学歴を非常に重視する。そして、日本の父母は学習塾の役割を非常に強く信じている」と指摘。文部科学省が発表したデータで、日本の小学生のうち35.6%が学習塾に通っており、小学生の一般的な1カ月の学習塾費用は2万円であるとした。また、塾には有名校への受験を目指すものと補習を目的としたものがあり、有名校を目指す塾での学習内容は、公立小学校の範囲を超えるものであると伝えている。

 また、韓国についても、「子どもの教育に対する親の重視ぶりはもはやクレイジーなところまで来ている。そして、韓国の大通りや路地には『学院』、『試験院』といった看板を出す学習塾が林立している」とし、韓国の小中高生で課外の補習クラスに通わない者はほとんどいないと紹介した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >