2018/04/27 12:12

中国人の間で北海道が人気、中国人が中国人から暴利をむさぼる=中国メディア

日本で不動産を購入する中国人のほとんどが、中国人が経営する不動産業者を通して日本の土地を購入するため、仲介料として不動産業者が大幅なマージンを取るのは「必然のこと」になっているのだという。(イメージ写真提供:123RF)
日本で不動産を購入する中国人のほとんどが、中国人が経営する不動産業者を通して日本の土地を購入するため、仲介料として不動産業者が大幅なマージンを取るのは「必然のこと」になっているのだという。(イメージ写真提供:123RF)
 不動産バブルといわれて久しい中国では、今でも地方都市を中心に不動産価格が上昇し続けている。そのため投資目的の不動産購入も多いが、最近では日本もチャイナマネーの投資先となっており、少なからぬ不動産が中国人に購入されているようだ。

 しかし、そこに目をつけて暴利をむさぼる人もいるという。中国メディアの今日頭条は、日本における中国人の不動産投資について紹介する記事を掲載した。結論から言うと、中国人が中国人投資家から暴利をむさぼっているようだ。

 記事は、北海道にある資産価値6億円の土地を、仲介業者である不動産会社が10億円で中国人の顧客に販売しようとしていることを知った弁護士の話を紹介。この弁護士は仲介業者に雇われているため、顧客に対して本来の土地の価値を伝える必要はないものの良心が痛むのだという。しかも、このような暴利をむさぼるやり方を見たのは初めてではなく、よくあることなのだと語った。

 この弁護士は、日本の不動産業界の相場をよく知っているが、日本で不動産を購入する中国人のほとんどが、中国人が経営する不動産業者を通して日本の土地を購入するため、仲介料として不動産業者が大幅なマージンを取るのは「必然のこと」になっているのだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >