2018/05/01 09:24

中国にはビルの中を走るモノレールがあるが、日本ではビルの中を高速道路が走っていた!=中国メディア

重慶ライトレール2号線は、車両がビルを貫く珍しい光景によって多くの観光客を呼び寄せている。ところが、日本には・・・(イメージ写真提供:123RF)
重慶ライトレール2号線は、車両がビルを貫く珍しい光景によって多くの観光客を呼び寄せている。ところが、日本には・・・(イメージ写真提供:123RF)
 山地にある重慶市を走るライトレール2号線は、ビルの真ん中を通ることで中国国内ではよく知られている。中国メディア・今日頭条は24日、「日本には、ビルの中を通る高速道路がある」と紹介する記事を掲載した。

 記事は「重慶ライトレール2号線は、車両がビルを貫く珍しい光景によって多くの観光客を呼び寄せている。しかし、乗り物がビルの中を貫くのはわれらが重慶だけではない。隣国日本には、自動車が中を通り抜けていくビルがあるのだ」とした。

 そして、大阪市福島区にある阪神高速道路11号線の梅田出口付近では、道路がビルの中を通っていると紹介。道路に貫かれたビルは16階建て、高さ71.9メートルので、建物の5-7階部分が高速道路に占拠されていると伝えた。また、実際にはビルと道路は完全に一体化している訳ではなく、仮にこのビルを取り壊したとしても、高速道路には影響が出ないと説明している。

 さらに、高速道路がビルの中を貫くという奇妙な光景ができた背景について言及。「ここの土地所有者が1983年にビルの建設を計画したが、土地が当時の日本政府が打ち出した高速道路都市計画の収用地内にあった。土地所有者は非常に屈強な人物で、当時の阪神高速道路公団と5年にわたる交渉を行い、最終的には『ビルを建ててもいいが、その中に高速道路を通す』という妥協案で決着した。そして、88年にビル建設と高速道路の建設がスタートし、ビルは92年に完成した」と解説した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >