2018/05/02 16:04

エスカレーターの片側を空けないよう提唱し始めた日本と中国、理由が全然違った!=中国メディア

日本の地下鉄駅などでしばしば「2列に並んで乗りましょう」という啓発ポスターを見かけるようになった。中国でも近頃、エスカレーターの片側に立つ習慣の廃止を呼びかける動きが出ている。(イメージ写真提供:123RF)
日本の地下鉄駅などでしばしば「2列に並んで乗りましょう」という啓発ポスターを見かけるようになった。中国でも近頃、エスカレーターの片側に立つ習慣の廃止を呼びかける動きが出ている。(イメージ写真提供:123RF)
 中国メディア・今日頭条は4月30日、近ごろ中国でエスカレーターの片側を空けないよう提唱する動きが出ていることについて、日本でも以前から提唱されてきたが、その理由が日本と中国ではかなり異なっていたとする記事を掲載した。

 記事はまず、エスカレーターの片側を空ける習慣の起源が1940年代の英国ロンドン地下鉄にあると紹介。「エスカレーターの右側に乗り、左側を急ぐ人のために空けるというのがモラルのある行為とみなされるようになり、世界各地に普及していったのだ」とした。そして、日本では1970年に大阪でエスカレーターの右に立つ習慣が生まれ、やがて、東京でも左に立つ形で習慣化していったと説明している。

 その一方で、日本では2010年よりエスカレーターは片側を空けることなく両側に立つことを提唱する動きが出始めたとし、その理由が片側だけに立つことで一度に運ぶ人の数が少なくなるという輸送効率の問題、エスカレーターのステップを歩くことで生じる接触事故が後を絶たないとう安全面の問題があると説明。今では日本の地下鉄駅などでしばしば「2列に並んで乗りましょう」という啓発ポスターを見かけるようになったと伝えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >