2018/05/03 11:12

日本と中国の「科学技術」はどれだけの差? 一部では「完敗」=中国メディア

中国メディアが、日本と中国の科学技術の差について考察した。(イメージ写真提供:123RF)
中国メディアが、日本と中国の科学技術の差について考察した。(イメージ写真提供:123RF)
 近年、急速な進歩を見せている中国の科学技術。以前は日本の得意分野だったが、現在では日中の差はどれほどあるのだろうか。中国メディアの今日頭条は4月26日、日中の科学技術の差を分析する記事を掲載し、6つの分野で両国を比べた。

 記事はまず、「ノーベル賞受賞者」の数を比較。これは今のところ日本が完勝だ。2017年の時点で外国籍も含めて26人の日本人がノーベル賞を受賞している。一方の中国は15年に屠ユウユウ氏が受賞しただけだと紹介した。しかし、中国では12年に莫言氏がノーベル文学賞を受賞しているほか、2010年には劉暁波氏がノーベル平和賞を受賞しているが、劉暁波氏の平和賞受賞についての事実を多くの中国人は知らない。

 次いで「科学技術の論文」については、中国は非常に多く引用されているという。ある統計では、最も多く引用されているのは米国で、次いで中国、日本は英国、ドイツに次いで5番目であり、この分野では「中国が上」だとした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >