2018/05/04 11:12

日本旅行の前は日本嫌いでも「日本好き」になって戻ってくる中国人、一体何があったのか=中国メディア

日本が嫌いな中国人も、日本を訪れると日本のことが好きになる人が少なくないという。(イメージ写真提供:123RF)
日本が嫌いな中国人も、日本を訪れると日本のことが好きになる人が少なくないという。(イメージ写真提供:123RF)
 反日感情が強いながらも、年々増加している訪日中国人。日本旅行に行くときには日本が嫌いでも、帰ってくるときは好きになって戻ってくる中国人が少なくないようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「嫌いから好きになる日本、この間に中国人に何が起こったのか」と題した記事を掲載し、6つの面で日本の魅力に迫った。

 まず記事が挙げた「日本嫌いの中国人の感情を一変させる要素」の1つ目は、「清潔なこと」だ。細かなごみの分別や、曜日と時間が決まっているごみ出しについて紹介した。そのうえ、ごみの集積所にはカラスのいたずら除けのネットや、地面を洗い流せるよう水道の蛇口まであるほど細かいと紹介した。次は「障がい者が生き生きしていること」。デパートにも駅にも障がい者のためのいろいろなサービスや設備が整っていることに感心している。

 3つ目には「スーパーのサービスの良さ」を指摘。店の配置が客の通行を妨げないように配慮していたり、鮮度を保てる冷蔵コインロッカーや、無料のビニール袋とおしぼり、セロテープまで準備されたサッカー台まであると紹介した。4つ目には「日本人の最重要視している聖地」つまりトイレを挙げた。温水洗浄便座はもちろん、水の音で「瞑想できそうな擬音装置」にはすっかり感動した様子で、「技術と芸術の最高傑作」と絶賛している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >