2018/05/17 09:12

厦門(アモイ)で住宅価格が家賃の100年分! 中国の地方都市で不動産バブル

中国で住宅価格中央値が月額家賃の何倍かを調べたところ、福建省厦門(アモイ)市が1100倍にまで拡大した実態が分かった。家賃1100カ月分、実に99.7年もかけて平均的な住宅1戸が購入できる計算だ。(イメージ写真提供:123RF)
中国で住宅価格中央値が月額家賃の何倍かを調べたところ、福建省厦門(アモイ)市が1100倍にまで拡大した実態が分かった。家賃1100カ月分、実に99.7年もかけて平均的な住宅1戸が購入できる計算だ。(イメージ写真提供:123RF)
 中国の地方中核都市で不動産バブルが生じている。中国社科院・城市発展環境研究所が14日に発表した「中国房地産発展報告2018」で、その実態が明らかになった。

 「中国房地産発展報告2018」では、その地域の住宅販売価格と家賃相場を比較。住宅価格中央値が月額家賃の何倍かを調べたところ、福建省厦門(アモイ)市が中国最高の1100倍にまで拡大した実態が分かった。家賃1100カ月分、実に99.7年もかけて平均的な住宅1戸が購入できる計算。住宅価格の高騰が著しいと言える。

 特に、地方中核の2~3線都市で1線都市の住宅価格・家賃倍率を大きく超えている。例えば、河北省廊坊市の883倍(73.6年)、広東省恵州市の844倍(70.3年)、河北省石家荘市の824倍(68.7年)、安徽省合肥市の746倍(62.2年)、江蘇省南京市(54.4年)の653倍など。一方、1線都市の上海市は644倍(53.7年)、深セン市は627倍(52.3年年)、広州市は600倍(50.0年)、北京市は594倍(49.5年)となっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >