2018/06/02 08:12

また名指し!? テンセントの大人気オンラインゲームは子どもの人生を破壊する?

テンセントの人気オンラインゲーム「王者栄耀(Honor of Kings)」の登録者数は既に2億人を超え、1日のアクティブユーザは8000万人になるという。(写真は深センのテンセント本社。写真提供:123RF)
テンセントの人気オンラインゲーム「王者栄耀(Honor of Kings)」の登録者数は既に2億人を超え、1日のアクティブユーザは8000万人になるという。(写真は深センのテンセント本社。写真提供:123RF)
 人気があり過ぎるため「出る杭」として叩かれているのか、それとも、社会的な批判に対する対応が鈍いために火に油を注いでいるのか、中国のオンラインゲームで史上最大のヒット作となった騰訊(テンセント)のモバイルゲーム「王者栄耀(Honor of Kings)」が、国営メディアによって、また、名指しで非難された。昨年7月にも同じく政府系の人民網に「このゲームは人生を破壊する」と批判された同ゲーム。今回は6月1日の「国際こどもの日」に合わせたキャンペーンで弾劾された。度重なる攻撃に、「政治的な思惑があるのでは」という見方さえ浮上している。

 新華社(電子版)は5月30日、「オンラインゲームが青少年や児童の心身の健康を損ない、無数の家庭に悲劇をもたらしている」と批判した。その中で、テンセントについて「青少年や児童を守るための有効な措置を行ってこなかった」と名指しで指摘した。

 文化部や教育部など複数の政府当局がオンラインゲームの弊害に着目し、過去1カ月余りで監督を強化する旨の通達が3件も発表されたものの、多くのオンラインゲーム会社がこれを無視し、改善する様子が見られなかったという。特にテンセントに関し、「自粛するどころか、新たに20タイトルのゲームを投入した」と、政府の指導を無視する無法者のような扱いだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >