2018/06/13 11:12

中国高速鉄道の輸出は紆余曲折ばかり! インドネシアでは遅れに遅れ、マレーシアでは計画廃止=中国

インドネシアで中国が受注した高速鉄道計画は「2018年末に完成し、19年に開業する予定だった」としながらも、工事は遅れに遅れており、予定どおりの開業は現実的ではないことを強調し、インドネシア側からは「2020年までには開業したい」と要望が出されている。(イメージ写真提供:123RF)
インドネシアで中国が受注した高速鉄道計画は「2018年末に完成し、19年に開業する予定だった」としながらも、工事は遅れに遅れており、予定どおりの開業は現実的ではないことを強調し、インドネシア側からは「2020年までには開業したい」と要望が出されている。(イメージ写真提供:123RF)
 日本は新幹線をはじめとするインフラ輸出を成長戦略の一環に掲げており、アジアを中心に中国高速鉄道と受注競争を繰り広げている。マレーシアとシンガポールを結ぶ高速鉄道計画でも日本と中国の一騎打ちになるのではないかと見られていたが、マレーシアのマハティール首相は同計画の廃止を発表、日中ともに失望の声があがった。

 中国メディアの創業家はこのほど、中国は国策の一環として高速鉄道の輸出を推進しているが、「インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画は遅れに遅れ、マレーシアの計画は廃止になり、中国高速鉄道の輸出事業はなぜこんなにも困難続きなのか」と問いかける記事を掲載した。

 記事は、政権交代が起きたマレーシアで新首相に就任したマハティール氏がシンガポールとマレーシアを結ぶ高速鉄道計画の廃止を決めたと報じられたことを紹介。そして、インドネシアで中国が受注した高速鉄道計画は「2018年末に完成し、19年に開業する予定だった」としながらも、工事は遅れに遅れており、予定どおりの開業は現実的ではないことを強調し、インドネシア側からは「2020年までには開業したい」と要望が出されていることを紹介した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >