2018/06/21 13:12

中国には55もの少数民族がいるのに、なぜ「日系」という少数民族はないの? =中国

歴史を見ると日本人は大挙して中国に押し寄せているのに、どうして日系という少数民族は存在しないのだろうか?(イメージ写真提供:123RF)
歴史を見ると日本人は大挙して中国に押し寄せているのに、どうして日系という少数民族は存在しないのだろうか?(イメージ写真提供:123RF)
 中国には55の少数民族がいるとされている。もっとも、少数民族すべて合わせても、中国の人口の1割にも満たない。残りの90%以上は漢民族が占めている。少数民族のなかには、国外から移住してきた民族もいて、朝鮮・韓国系は朝鮮族、ベトナム系をジン族、ロシア系はオロス族といったように少数民族として数えられているが、日本人の中国残留孤児などの日系人は、少数民族としては扱われていない。

 中国メディアの快資訊は19日、歴史を見ると日本人は「大挙して中国に押し寄せている」のに、どうして日系という少数民族は存在しないのかについて分析する記事を掲載した。

 記事は、ロシアやタイに起源を持つ中国の少数民族について、圧政から逃れてきた人たちが中国に土着したものだと紹介した。朝鮮族に関しては特殊で、日本が朝鮮半島及び満州を統治・支配する過程において多くの半島民が中国へ移住したため「自主的ではない」と指摘したが、朝鮮族の移住の始まりは明末から清初(16世紀末期―17世紀初期)にまでさかのぼるようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >