2019/01/17 05:12

中国が日本と同じ「深刻な問題」に直面、「わが国はまもなくインドに追い越される」=中国メディア

長年続いた一人っ子政策が2016年に廃止され、すべての人が2人目の子供を持てるようになった中国では、出生率の向上が予想されていた。だが、2016年こそ出生数が増加したものの、17年、18年と2年連続で出生数が減少し、中国の少子化は極めて深刻な問題になっている。(イメージ写真提供:123RF)
長年続いた一人っ子政策が2016年に廃止され、すべての人が2人目の子供を持てるようになった中国では、出生率の向上が予想されていた。だが、2016年こそ出生数が増加したものの、17年、18年と2年連続で出生数が減少し、中国の少子化は極めて深刻な問題になっている。(イメージ写真提供:123RF)
 急激な勢いで経済発展を遂げた中国。その発展を支えてきた1つの要因は13億人以上の「人口」だと言えるだろう。人口が多ければ、何事も「規模」が大きくなるため、経済発展には有利となる。だが、中国は長年にわたって人口統制を行ってきたため、急激に高齢化が進んでいると言われている。

 高齢化といえば日本も同じ問題を抱えているが、日本の現在の姿に自国の将来の姿を重ねてしまう中国人は多いようだ。中国メディアの一点資訊は12日、「中国が直面している危機」という主題の記事を掲載し、「すでに日本はその危機に直面している」と伝えている。

 長年続いた一人っ子政策が2016年に廃止され、すべての人が2人目の子供を持てるようになった中国では、出生率の向上が予想されていた。だが記事は「実際には2016年に出生数1786万人と2000年以来最高数を記録したものの、17年は1723万人、18年では13%以上も減少して1500万人以下となった」と指摘し、今や中国も日本と同じように少子化という「極めて深刻な問題」に直面しているのだと強調した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >