2019/01/17 15:12

日本人の平均寿命はなぜ中国人よりはるかに長いのか=中国メディア

中国人の平均寿命も伸びつつあるが、世界で最も長寿の国である日本とは10歳ほどの差がある。中国メディアは「日本人の長寿の秘訣は一体何なのか」と疑問を投げかけた。(イメージ写真提供:123RF)
中国人の平均寿命も伸びつつあるが、世界で最も長寿の国である日本とは10歳ほどの差がある。中国メディアは「日本人の長寿の秘訣は一体何なのか」と疑問を投げかけた。(イメージ写真提供:123RF)
 日本人の平均寿命は年々伸びていて、2017年の平均寿命は女性が87.26歳、男性が81.09歳で過去最高を記録した。中国人の平均寿命も伸びてきているが、日本との間には約10歳もの開きがあるという。中国メディアの捜狐は14日、「日本人が平均寿命で中国人を遥かに上回っているのはなぜか」と疑問を投げかけ、両国の生活習慣を分析する記事を掲載した。

 記事は、中国人の平均寿命も伸びつつあると指摘する一方、世界で最も長寿の国である日本とは10歳ほどの差があると強調し、「日本人の長寿の秘訣は一体何なのか」と疑問を投げかけた。

 統計上の数値だけで、すべての日本人は病気が少なく、健康で長生きすると言えるわけではないが、日中の生活習慣の違いは少なからず我々の健康状態に影響を与えると言えるだろう。

 記事は日本人の生活習慣のなかで長寿に関係すると思われる点をいくつか指摘した。たとえば、日本の食習慣のうち「素材の味を活かした薄い味つけと調理法」は、中華料理に多い「油を多く使った濃い味付け」とは大きく異なるとし、和食は食材の栄養素を効率良く摂取でき、しかも油や塩分の過剰摂取を避けることができると主張した。他にも「日本人が愛飲する緑茶は、殺菌効果や抗酸化作用、またコレステロールを抑制する効果が期待できるなど、健康維持に役立つ働きがある」と指摘した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >