2019/01/17 16:12

中国人が抱く日本人に対する考えが、大きく覆されるかもしれない5つのポイント=中国メディア

中国人が持っている日本人に対するイメージは、中国で制作される「反日ドラマ」などの影響で、偏っている部分があるようだ。中国メディアが、一般的な日本人のイメージについて、現実との違いを解説した。(イメージ写真提供:123RF)
中国人が持っている日本人に対するイメージは、中国で制作される「反日ドラマ」などの影響で、偏っている部分があるようだ。中国メディアが、一般的な日本人のイメージについて、現実との違いを解説した。(イメージ写真提供:123RF)
 中国メディア・東方網は16日、「これを見たら、あなたの日本に対する誤解が変わるかもしれない」とし、中国人が日本に対して一般的に抱いているイメージに存在する誤解を紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本というと進んだ技術、良好な治安、美しい環境といったポジティブな印象を抱く一方で、歴史問題や男尊女卑といったネガティブなイメージも存在するとしたうえで、日本に対する誤解が含んでいるイメージについて4つ挙げて説明している。

 1つめは、「日本は保守的な国」というイメージだ。記事は、実のところ日本はファッションや流行に敏感な国の1つであると指摘。保守的に見えるのは、日本人が自らの文化や風習の特殊性や貴重さを十分に理解しているために、これらを手厚く保護しようとしているからだとした。

 2つめは、「日本人は冷淡」というイメージ。これについては「実際日本人は人づきあいが好きであり、日本人外国人問わずとても友好的だ。道を尋ねれば真剣に行き方を教えてくれ、連れて行ってくれさえすることもある。一方で、彼らには他人に迷惑をかけないという原則があり、他人に対して一定の距離を保つため、時として冷たい印象を覚えるということなのだ」と説明している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >