2019/01/23 22:12

中国と韓国が大気汚染の原因をめぐって「互いに口げんか」=中国メディア

韓国の専門家がこのほど、「韓国国内で見られる大気中の汚染物質は少なからず中国で発生し、韓国に流れて来たものだ」と発言したことから、韓国と中国の間で大気汚染をめぐって「口げんか」が続いているようだ。(イメージ写真提供:123RF)
韓国の専門家がこのほど、「韓国国内で見られる大気中の汚染物質は少なからず中国で発生し、韓国に流れて来たものだ」と発言したことから、韓国と中国の間で大気汚染をめぐって「口げんか」が続いているようだ。(イメージ写真提供:123RF)
 冬になると中国の東北部は深刻な大気汚染が発生する日が増える。中国では「暖気(ノワンチー)」と呼ばれる集中暖房システムが導入されており、旧式の石炭ボイラーを用いた暖房システムが大気汚染の大きな原因となっている。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国と韓国の専門家たちが「互いに大気汚染の原因について言いがかりをつけあっている」と主張する記事を掲載した。

 記事は韓国の専門家がこのほど、「韓国国内で見られる大気中の汚染物質は少なからず中国で発生し、韓国に流れて来たものだ」と発言したことから、韓国と中国の間で大気汚染をめぐって「口げんかが続いている」と指摘。それに対して中国の生態環境部は2018年末、「ソウルの大気中の汚染物質は、主に韓国国内から排出されたものが原因だ」と表明し、中国のものではないと主張した。

 しかし今回、韓国の専門家は別の統計に基づいて、「韓国国内で観測される大気中の汚染物質の30-50%は中国大陸から来たもので、60-80%に達する時もある」と主張した。韓国が明らかにした2018年の黄海上空の大気データによると、1立方メートルあたり30-40マイクログラムの微小粒子状物質が中国大陸の方から流れて来ているように見て取れる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >