2019/01/25 13:12

日本嫌いな中国人ですら、訪日後に「日中の差は圧倒的だった」と語る理由=中国メディア

近年の日本は中国人にとって人気の渡航先になっていて、日本で見聞を広げた中国人は日本を非常に高く評価するようになるようだ。(イメージ写真提供:123RF)
近年の日本は中国人にとって人気の渡航先になっていて、日本で見聞を広げた中国人は日本を非常に高く評価するようになるようだ。(イメージ写真提供:123RF)
 歴史問題などから日本に対して否定的な感情を抱いていた中国人のなかには、訪日したことをきっかけに日本に対する考えや感情が一変したという人も少なからず存在する。このように中国人の感情を変化させられるのは、日本にどのような魅力があるためなのだろうか。

 中国メディアの捜狐は24日、近年の日本は中国人にとって人気の渡航先になっていると伝え、「日本で見聞を広げた中国人は日本を非常に高く評価するようになる」と論じる記事を掲載した。

 記事は、訪日中国人が日本を高く評価するようになるのは「一体、日本の何が優れているのか」と問いかけつつ、それは日本に秩序があって、日本人の民度が高く、日本社会には「細部への配慮」が至る所で見受けられるためだと主張。それゆえ日本を旅行で訪れ、中国に帰国した中国人たちは「日本と中国の差は圧倒的に大きい」と口にするのだと強調した。

 たとえば、日本では横断歩道に歩行者信号の青を延長するためのボタンがあると伝え、これは速やかに横断歩道を渡れない高齢者にとってメリットがあるだけでなく、歩行者がいないときは自動車の流れをスムーズにできるというメリットもあると指摘。こうした配慮があるからこそ、日本の歩行者は中国のように信号無視をしたり、横断歩道のない場所で道路を横断したりしないのだと指摘した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >