2019/02/05 10:12

中国では集合住宅が当たり前なのに、国土が狭い日本はなぜ戸建てに住めるの? =中国

中国ではアニメなどを通じて、日本の住宅は「2階建てで庭付き一戸建て」のイメージが強いという。中国の都市部では高層マンションなどの集合住宅に住む人が多く、「国土の狭い日本で、どうして一戸建てが多いのか?」と疑問に思うようだ。(イメージ写真提供:123RF)
中国ではアニメなどを通じて、日本の住宅は「2階建てで庭付き一戸建て」のイメージが強いという。中国の都市部では高層マンションなどの集合住宅に住む人が多く、「国土の狭い日本で、どうして一戸建てが多いのか?」と疑問に思うようだ。(イメージ写真提供:123RF)
 日本人と中国人の関心事を比較すると、中国人の方が自分の家や車を所有することに対して強い執着を持っていると言える。それには、中国人が結婚するにあたって男性が家を所有していることが主な条件とされていることや、高級車を所有していることがステータスとしての意味合いを持っていることなど、日本とは異なる価値観が関係していると言えるだろう。中国メディアのACFUNは28日、中国人が日本人の住む住宅を見て、「なぜ国土の狭い日本で一番多く見られる住宅が『一戸建て』なのか」と指摘する記事を掲載した。

 日本を訪れた事のない中国人にとっても、「日本人の家は二階建てで庭がある一軒家」というイメージを抱いているという。記事は、その理由として、中国で知名度のあるドラえもんなどのアニメを通じて、日本で一般的な家庭の生活風景を目にしているからだと指摘した。

 これは中国で多く見られる住宅事情と大きく異なる。中国の都市部では高層マンションや10階ほどの古い集合住宅に住む人が多く、一戸建ての家は都市部から離れた地域や農村部のみだ。このように「中国では住む地域によって住宅が異なるが、日本では全国どこへ行っても『一戸建て』があり、日本の住宅の代名詞となっている」と主張した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >