2019/02/07 09:12

日本のノーベル賞受賞者の「賞金の使い道」に驚愕・・・とても信じられない=中国メディア

ノーベル賞を受賞する日本人が多いことは、中国で羨望されていることだが、中国メディアは、なぜ、日本人にノーベル賞を受賞する人材が多く輩出するのか、その背景を探った。(イメージ写真提供:123RF)
ノーベル賞を受賞する日本人が多いことは、中国で羨望されていることだが、中国メディアは、なぜ、日本人にノーベル賞を受賞する人材が多く輩出するのか、その背景を探った。(イメージ写真提供:123RF)
 近年、ノーベル賞を受賞する日本人研究者が相次いでいる。2018年も、本庶佑(ほんじょ・たすく)氏がノーベル医学生理学賞を受賞し、日本人で27人目のノーベル賞受賞者となった。中国メディアの今日頭条は3日、本庶氏が獲得したノーベル賞の賞金の使い道について紹介する記事を掲載した。

 まず記事は、日本はこの18年間で18人のノーベル賞受賞者を出していると紹介。中国では2015年に屠呦呦(ト・ユウユウ)氏がノーベル医学生理学賞を受賞したほか、2012年に莫言(バク・ゲン)氏がノーベル文学賞を受賞しているが、まだ少数と言える。なお、2010年に劉暁波(リュウ・シャオボー)氏がノーベル平和賞を受賞したことは、中国国内ではほとんど知られていない。

 記事は、ノーベル賞の賞金が1億1500万円であることを紹介。本庶佑さんが、若い研究者の研究をサポートしたいと、賞金を母校の京都大学に寄付すると表明したことを驚きをもって伝えつつ、「とても信じられない」と論じた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >