2019/02/11 05:12

レアアースの自給を目指す日本、「焦っている」のは日中のどちらか=中国

昨年、南鳥島沖の深海で1600トン以上のレアアースが見つかった。2022年の産業化に向けて、今年はより精密な調査を進めると伝えた。この埋蔵量は世界需要の数百年分に相当し、中国でも注目されている。(イメージ写真提供:123RF)
昨年、南鳥島沖の深海で1600トン以上のレアアースが見つかった。2022年の産業化に向けて、今年はより精密な調査を進めると伝えた。この埋蔵量は世界需要の数百年分に相当し、中国でも注目されている。(イメージ写真提供:123RF)
 様々なハイテク製品に使用されているレアアース。ハイテク産業は日本が得意とする産業であり、その中核をなす製品に広く使用しているため、日本にとってレアアースの確保は重要な問題だ。日本は数年前から、レアアースの調査に力を入れており、南鳥島の周辺に1600万トン超ものレアアースが存在することが明らかになった。中国メディアの今日頭条は7日、レアアースの自給に向けて日本は「焦っている」と伝える記事を掲載した。

 日本がレアアース類の採掘にこだわるのは、何といっても安定的な供給のためだ。2010年に中国が極端な輸出制限を行ってから、日本は中国依存からの脱却を進めてきた。輸入先の多角化やレアメタル以外の資源に切り替えるとともに、埋蔵地の調査も進めている。

 記事は、日本のこの姿勢に関して、需要があるのは世界共通であるが、「一部の国は独占したいと思っている」と暗に批判。昨年、南鳥島沖の深海で1600トン以上のレアアースが見つかったことに触れ、2022年の産業化に向けて、今年はより精密な調査を進めると伝えた。この埋蔵量は世界需要の数百年分に相当し、中国でも注目されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >