2019/02/12 12:12

日本の車検と中国の車検、いったいどれほど違うのか=中国メディア

中国メディアは、日本と中国の自動車の車検について、「一般車の場合、新車登録では3年後、それ以後は2年に1度車検を受けるというのは中国と似ている。しかし、似ているのはここだけで、他の部分ではやはり大きな差があるのだ」と伝えている。(イメージ写真提供:123RF)
中国メディアは、日本と中国の自動車の車検について、「一般車の場合、新車登録では3年後、それ以後は2年に1度車検を受けるというのは中国と似ている。しかし、似ているのはここだけで、他の部分ではやはり大きな差があるのだ」と伝えている。(イメージ写真提供:123RF)
 中国メディア・東方網は11日、「日本の自動車の車検と、中国の車検ではどれほどの違いがあるのだろうか」とする記事を掲載した。

 記事は、「自動車という交通手段は外出するのにとても便利だが、一方で渋滞がひどい、駐車場が不足しているといった問題も抱えている。特に所有者が頭を悩ませるのが車検で、全体の手続きが複雑なのだ。中国の自動車車検は、人に優しくないと言わざるを得ない」とした。

 また、時代が進むにつれて中国の車検も検査項目が少なくなり、その工程もよりスムーズになった一方、車検を受けるには今もなお長い行列に並ぶ必要があり、非常に時間がかかると指摘。そのうえで、日本の車検について紹介しているのだが、記事は「一般車の場合、新車登録では3年後、それ以後は2年に1度車検を受けるというのは中国と似ている。しかし、似ているのはここだけで、他の部分ではやはり大きな差があるのだ」と伝えている。

 そして、「日本の車検項目は中国ほど多くない。当初は100以上の項目があったが、現在では約50項目にまで減っており、より簡便になって所要時間も短縮した」と紹介。さらに、大きなポイントとして「検査項目において基準を満たしていれば、改造車両でも運転許可が下りる」ことを指摘。中国では改造自体が認められていないため「両者の間に存在する差は非常に大きい」とした。

 記事はこのほか、日本の車検はネットで事前に予約ができるほか、費用についても明確になっており、ぼったくられることがないと紹介。中国よりも利便性が高い一方で、当局による監督管理が非常に厳しく行われていると説明している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >