2019/02/12 13:12

日本と中国の幼稚園はこんなに違う! 「気が楽なのは日本のほう」=中国メディア

最近では、日本の幼稚園でも外国人の子どもたちが増えているという。中国をはじめ、ブラジル、韓国、フィリピン、ペルー出身の子どもたちが多いそうだ。(イメージ写真提供:123RF)
最近では、日本の幼稚園でも外国人の子どもたちが増えているという。中国をはじめ、ブラジル、韓国、フィリピン、ペルー出身の子どもたちが多いそうだ。(イメージ写真提供:123RF)
 小学校に入る前から、すでに競争が始まっている中国社会。中国の幼稚園は、日本とは教育方針も園児の生活も全く異なっているようだ。中国メディアの今日頭条は9日、日本の幼稚園に子どもを入れた中国人が「日本の幼稚園」を紹介する記事を掲載した。

 最近では、日本の幼稚園でも外国人の子どもたちが増えているという。中国をはじめ、ブラジル、韓国、フィリピン、ペルー出身の子どもたちが多いそうだ。記事の中国人筆者によれば、外国人の園児の増加に合わせた支援も増えているので、日本に住む外国人も安心して子どもを日本の幼稚園に通わせることが可能と伝えている。

 では、日本の幼稚園にはどんな特徴があるのだろうか。記事は、「意外に簡素」だと紹介。木の温もりのある建物には最先端の科学技術は見られず、質素に感じるが「匠の精神が随所に見られる」と好意的に伝えている。また、子どもたちに自分のことは自分でするように教えていると紹介。食事前には自分で食器を用意し、自分で手を洗い、さらには床掃除まで学んでくるという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >