2019/02/14 16:12

中国の家では2つ以上は必要なトイレ、なぜ日本では1つで充分なのか=中国メディア

中国の住宅の多くでは「トイレ、洗面、浴室が1つの空間に収められた設計」が取り入れられている。日本と異なり、湯船に浸かる習慣も無く、シャワーを浴びる程度なので、よりコンパクトな空間に収められている。(イメージ写真提供:123RF)
中国の住宅の多くでは「トイレ、洗面、浴室が1つの空間に収められた設計」が取り入れられている。日本と異なり、湯船に浸かる習慣も無く、シャワーを浴びる程度なので、よりコンパクトな空間に収められている。(イメージ写真提供:123RF)
 家を新築する際や改装する場合、設計や内装はその後の生活の質に大きく影響するため考慮すべきことは多い。日本と中国で大きく異なるのは、中国の新築物件は内装が行われていない状態で引き渡されることだ。中国人はマンション購入後、自分で間取りから内装に至るまでを考えなければならないため、中国では自身の経験から間取りや建材などに詳しい人が多い。

 中国メディアの今日頭条は、日本の住宅の設計に注目する記事を掲載し、「中国の家では2つ以上のトイレが必要なのに、なぜ日本では1つで充分なのか」と問いかける記事を掲載した。

 記事は、「トイレ、洗面、浴室の設計は専門の知識が必要」と指摘し、「合理性がない設計だと、住む人の生活の幸福感に影響し、毎日の暮らしに多大の煩わしさをもたらすだろう」と主張。中国の住宅の多くでは「トイレ、洗面、浴室が1つの空間に収められた設計」が取り入れられている。日本と異なり、湯船に浸かる習慣も無く、シャワーを浴びる程度なので、よりコンパクトな空間に収められている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >