2019/02/20 09:12

中国メディア代表者が青梅マラソンに参加「熱心で親切な市民、周到な大会運営に感銘覚えた」

日本では、いくつかの地域で伝統のある市民参加型のマラソン大会が開かれている。中国でも近年、各地で大規模なマラソン大会が開かれているが、その運営は未だ発展途上にあるようだ。日本の青梅マラソンに参加した中国人ランナーが、その体験を記事にしている。(イメージ写真提供:123RF)
日本では、いくつかの地域で伝統のある市民参加型のマラソン大会が開かれている。中国でも近年、各地で大規模なマラソン大会が開かれているが、その運営は未だ発展途上にあるようだ。日本の青梅マラソンに参加した中国人ランナーが、その体験を記事にしている。(イメージ写真提供:123RF)
 中国メディア・人民網は19日、17日に東京都青梅市で開かれた青梅マラソンに人民網など中国メディアのマラソン愛好者が参加し、スポーツを通じて日中両国の交流を図るとともに、参加者らが大会の運営に対して深い印象を覚えたと報じた。

 記事は、17日に開かれた青梅マラソンは今年53回目を迎える歴史ある大会であり、10キロの部には4000人が、30キロの部には1万5000人が参加したと紹介。中国メディア代表団が挑戦した30キロの部は、高低差が最大70メートルの起伏があるチャレンジングなコースだったと伝えた。

 そして、マラソン中の沿道では日本の市民が中国語のメッセージを掲げながら、片言の中国語で「加油」(がんばって)としきりに応援してくれたほか、コースの途中では手作りのスイーツやキャンディ、果物などが栄養補給のために提供されたと紹介。さらに、伝統的な和太鼓の演奏でランナーたちを元気づけるパフォーマンスも見られたとし、熱烈な声援もあって参加した9人全員が30キロを無事走り切ったとしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >