2019/02/20 10:12

考え方や理念が全然違う! 日本企業を買収するのは至難の業=中国メディア

 中国人からすると簡単な話のはずなのに、慎重な日本企業はあらゆる可能性を視野に入れて話を詰めるので、話がなかなかまとまらないと半ばうんざりした様子で伝えた。「技術に対する考え方」の違いに関しては、中国人は次の代には今の技術は通用しないととらえているのに対し、日本企業は「技術は常に完ぺきな状態にまで引き上げておく」ので、考え方の違う中国人投資家に、技術にまで口を出されるのを恐れていると分析している。

 「企業への思い入れ」も日本と中国とでは全く違い、日本人起業家にとって企業は「自分の分身か子ども」のようだと指摘。だからこそ、海外企業の投資を受け入れるというのは「子どもを売るような」断腸の思いのようだと論じた。

 もっとも、最近では中国からの投資を受け入れる日本企業も出てきている。しかし、日本では経営が立ち行かなくなった場合の最終手段という印象が強いといえるだろう。この点、筆者の分析は的を射ているといえるかもしれない。日本企業にとっては受け入れがたい選択肢ではあるが、中国人に日本製品がこれだけ人気であるところをみると、今後は中国からの投資を受け入れる企業も増えてくるのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目の前のことをコツコツと進めること。今日は手を広げるより、...もっと見る >