2019/02/25 06:12

日本とドイツの自動車の性格は全然異なる、その違いはどこから出てくるのか?=中国メディア 

 そして、このような条件から、日本車を設計するうえで極力無駄を省き、軽量で燃費が良く、必要以上の動力性や高速走行の安定性を追求しないという特徴が見られるようになったと説明。その代表的な存在が、軽自動車と称される排気量が最大660ccのマイクロ型自動車であるとし「これらの車はコンパクトにできていて、燃費もいい一方で、性能や操縦性は平凡なのである」と伝えている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >