2019/02/25 08:12

日本と中国の「賃貸不動産」の違い、日本の初期費用はとても高額だ=中国メディア

北京の「五環」と呼ばれる高速道路の内側の地区では小さな部屋であっても月間数千元もの家賃を支払う必要があり、そこに「管理費」「水道光熱費」「インターネット」などの諸費用が必要になるという。(イメージ写真提供:123RF)
北京の「五環」と呼ばれる高速道路の内側の地区では小さな部屋であっても月間数千元もの家賃を支払う必要があり、そこに「管理費」「水道光熱費」「インターネット」などの諸費用が必要になるという。(イメージ写真提供:123RF)
 中国では都市部を中心に住宅の価格は高騰しており、同時に賃貸物件の家賃も年々値上がっている。中国メディアの今日頭条は21日、「家を借りやすいのは中国か、それとも日本か」と問いかける記事を掲載し、日本と中国の賃貸物件事情について分析したうえで「日本で家を借りる際の初期費用は非常に高い」と伝えている。

 記事はまず、近年の中国では家賃が高騰していて、北京や上海、そして広州などの中国を代表する都市ではそれが如実に表れていると紹介。その例として、北京の「五環」と呼ばれる高速道路の内側の地区では小さな部屋であっても月間数千元もの家賃を支払う必要があり、そこに「管理費」「水道光熱費」「インターネット」などの諸費用が必要であると伝えている。

 では、日本ではどのような状況が見られるのだろうか。記事は、東京での相場として、ワンルームの部屋を借りる場合でも月間に8万円(約5000元)は必要で、しかも、仲介手数料や敷金、礼金、共益費などが必要で、引っ越し費用まで含めると初期費用は莫大なものになると伝え、そのコストは物価や所得水準を考えても中国よりも負担が大きいと強調した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >