2019/02/25 10:12

日本の商店街は魅力的だ! 日本人の日常を味わうことができる=中国メディア

日本には、地域ごとに商店街が形作られ賑わいの中心を担ってきた。近年は、外国人観光客を引き寄せる観光スポットになっているところも少なくない。(イメージ写真提供:123RF)
日本には、地域ごとに商店街が形作られ賑わいの中心を担ってきた。近年は、外国人観光客を引き寄せる観光スポットになっているところも少なくない。(イメージ写真提供:123RF)
 日本には1万2000以上の商店街があるという。地元住民の生活に密着して成長を遂げたものの、最近では郊外型の大型ショッピングセンター等の影響のためか、多くの商店街が厳しい状況にある。しかし、中国メディアの今日頭条は22日、日本の商店街の魅力を紹介する記事を掲載した。

 記事がまず紹介したのは「谷中ぎんざ商店街」だ。ここでは「東京の下町風情を最も感じられ」、特に夕暮れ時には、石段に夕焼けが落ちていく様子に気持ちが温かくなると伝えている。ここには「夕やけだんだん」とよばれる夕日の名所がある。遠くから足を運ぶ観光客には是非夕暮れ時に来てみて欲しいものだ。

 続いて記事は、「戸越銀座商店街」について「関東で最も長い商店街」として紹介。全長約1.3キロメートルに400もの店舗が並んでいる。また、名前に「銀座」を付けるようになった最初の商店街でもある。関東大震災で被害を受けた銀座通りのレンガを利用して商店街に敷き詰めたことがきっかけで「戸越銀座商店街」と命名されたという。食べ歩きが楽しいのはもちろん、有名な商店街のためテレビでもよく取材していて、「歩いているとテレビに映るかも」と、また違う楽しみがあると伝えている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >