2019/02/25 15:12

日本人は美味しいものを食べているはずなのに! 肥満が少ないのはなぜ=中国メディア

中国より早くに経済が発展し、より成熟した日本では肥満気味の人が少ないことに驚く中国人は多いようだ。(イメージ写真提供:123RF)
中国より早くに経済が発展し、より成熟した日本では肥満気味の人が少ないことに驚く中国人は多いようだ。(イメージ写真提供:123RF)
 中国では近年の経済発展に伴い、現代病と言われる「生活習慣病」の患者が増加している。「肥満」もその1つで、お腹がポッコリと出ている中年男性は少なくない。また、子どもたちにも肥満気味の傾向が見られ、大きな社会問題となっている。

 一方、中国より早くに経済が発展し、より成熟した日本では肥満気味の人が少ないことに驚く中国人は多いようだ。中国メディアの快資訊は21日、「日本人は美味しいものをたくさん食べているはずなのに、肥満が少ないのはなぜか」という疑問を投げかける記事を掲載し、その理由について分析している。

 記事はまず、世界には様々な「美食」があり、日本食も非常に美味であると主張。続けて、日本食は油を多用しないものの、人間が美味しいと感じる物質は「コレステロール」や「澱粉」であり、これは日本料理にも含まれていて、和牛には多くの脂肪が含まれていたり、日本人は「脂が乗っている」魚を好んで食べると指摘。また日本人の主食は澱粉質の米であると主張し、それでも日本で肥満の人が少ないのは不可解だと主張した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >