楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/05 08:12

日本には「100年企業」がたくさん! 日本人は商才があるんだなぁ=中国

中国メディアは、「日本の家族経営の企業が衰えない5つの法則」を分析する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
中国メディアは、「日本の家族経営の企業が衰えない5つの法則」を分析する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
 100年を超える歴史を持つ、いわゆる「100年企業」の約80%が日本企業であり、その数は2万社以上にも及ぶと言われるほど日本には老舗企業が多いが、その多くは家族経営である。中国メディアの今日頭条は1日、「日本の家族経営の企業が衰えない5つの法則」を分析する記事を掲載した。

 記事はまず、「日本人には商才がある」と紹介。日本人からすれば、中国人こそ商才があると思いがちだが、当の中国人は「日本には長寿企業が数多く存在するため、日本人は商才がある」と思うらしく、「日本人は会社を興すと大きく成長させ、長く続けられる」とビジネスの才能を称賛している。ではなぜ日本の家族経営の企業は「衰えない」のだろうか。記事は、三和酒造の例から5つの理由を分析している。

 三和酒造は、4社の酒造場が共同で立ち上げた会社で、今では焼酎「いいちこ」でよく知られる大企業となっている。この成功の秘訣について記事は、それぞれの酒造を代表する4社が「株式所有比率を4分の1ずつにする」こと、「4社からそれぞれ1人ずつ代表取締役を出し、社長は交代制」にすること、「決定はすべて役員全員一致で可決してから社長が実行する」などのルールを決めたことにあるとしている。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >