楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/13 13:12

2019年、日本にとってはあるモノによる「恐怖の支配」を受けた1年だった=中国メディア 

中国メディアは、2013年に一度日本に入ったものの一過性のブームに終わったタピオカミルクティーが、今度は「タピる」が流行語になるなど社会現象化するほどのブームを呼んだと伝えた。(イメージ写真提供:123RF)
中国メディアは、2013年に一度日本に入ったものの一過性のブームに終わったタピオカミルクティーが、今度は「タピる」が流行語になるなど社会現象化するほどのブームを呼んだと伝えた。(イメージ写真提供:123RF)
 中国メディア・東方網は12日、間もなく終わる2019年について「日本はタピオカミルクティーによる恐怖の支配を受けた1年だった」とする記事を掲載した。

 記事は、2013年に一度日本に入ったものの一過性のブームに終わったタピオカミルクティーが、今度は「タピる」が流行語になるなど社会現象化するほどのブームを呼んだと伝えた。

 そして、若者を中心にインスタグラムやツイッターでタピオカミルクティーの写真を載せることがトレンドとなり、やがてミルクティーだけでは収集がつかなくなり、様々な派生商品が世に出ることになったとし、今年日本で発明された奇妙な「タピオカ周辺」商品を列挙している。

 まず、食べ物以外の商品として、タピオカミルクティーの香りがするリップクリームを紹介。唇に塗ると、まさにタピオカミルクティーを飲んだ後のような感覚になるという使用者の感想を伝えた。

 次に紹介したのは、タピオカを用いた主食の数々だ。斬新なタピオカミルクティーつけ麺に始まり、イクラの代わりにしょうゆ漬けのタピオカを載せたニセイクラ丼、タピオカミルクティーを使った炊き込みご飯などを挙げた。そして、主食以外ではマーボー豆腐ならぬ「マーボータピオカ」などが出現したことを紹介している。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >