2017/12/07 17:00

TENGA「全国男性自慰行為調査2017」発表 週3は少ない?

小堀氏は「適切なマスターベーションの啓発が必要」と呼びかける ※この画像はサイトのスクリーンショットです
小堀氏は「適切なマスターベーションの啓発が必要」と呼びかける ※この画像はサイトのスクリーンショットです


TENGAヘルスケアが、“オナニー国勢調査”として、「全国男性自慰行為調査2017」の結果を発表。男性の自慰行為事情が赤裸々になり、ネット上でもおおいに話題になっている。

インターネットによる調査で、調査期間は2017年9月25日~9月28日。調査対象は現在マスターベーションを行う頻度が「2~3カ月に1回程度」以上と答えた、全国の15~64歳の男性5279人。

調査はブラックボックス化した男性のマスターベーションの実態解明を目指すもので、結果ではバラエティに富んだその実態の一部と、「腟内射精障害」の原因となる不適切なマスターベーションが無自覚で行われていることを紹介。

例えば「都道府県別マスターベーション頻度ランキング」では、1位 神奈川県(週3.77回)、2位 兵庫県(週3.65回)、3位 静岡県(週3.45回)という結果に。ちなみに、全国平均は週2.94回で、最下位は徳島県の週1.95回。

「マスターベーション時の姿勢ランキング」では、1位は「椅子に座る」(33.6%)。2位以下「仰向け」(27.9%)、「横寝」(12.1%)、「あぐら」(11.5%)、「うつ伏せ」(4.4%)と続く。少数派としては「立った状態」(4.3%)「膝立ち」(2.9%)「正座」(2.6%)「四つん這い」(0.4%)という人も。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >