2017/12/24 10:00

「細かすぎて伝わらないモノマネ」 日テレ移籍に期待の声


『とんねるずのみなさんのおかげでした』の名物企画「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」(以下「細かすぎて」)のファイナルが12月21日に放送され、終了を惜しむ声が続々と寄せられている。

2004年にスタートした「細かすぎて」は、出場者たちが“細かすぎて周囲に伝わりづらいモノマネ芸”を披露するものだ。そのモノマネは、コーナー名通り非常にマニアックで、「ジャッキー・チェンの映画に出てくる定食屋の店員」「サ行が言えない人」「契約更改を終えて記者会見をする落合博満選手」「箱根駅伝予選会で本選出場スレスレラインを発表する関東学連のスタッフ」といった具合。番組が来年3月に終了することが決まり、同コーナーの行方も注目されていたが、21日の放送は「ファイナル」と銘打たれ、最終回を迎えた。

「細かすぎて」は、これまでにDVDが10本近く発売されている、同番組でも屈指の人気コーナー。博多華丸(博多華丸・大吉)、河本準一(次長課長)、山本高広、キンタロー。、横澤夏子、阿佐ヶ谷姉妹ら、数々の人気芸人を生んだ企画が終了することについて、Twitterには、

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >