2018/03/18 11:58

紙オムツの下水処理検討も「詰まって大惨事」を不安視

国土交通省は3月13日、「下水道への紙オムツ受入実現に向けた検討会」を開催した。赤ちゃんや高齢者の紙オムツを下水道に流して処理するシステムの導入に向けて、2018年度から実証実験を行うという。

高齢化が進む日本社会の中で、高齢者の紙オムツの処理は、本人にとっても介護者にとっても、労力的・精神的な負担になっている。さらに、赤ちゃんの紙オムツも含めて、外出時の使用済み紙オムツは、持ち帰りが面倒だと感じる親も多い。

そういったマイナス要素を軽減するため、国交省は紙オムツを下水道に受け入れるシステムを検討。使用済みの紙オムツを汚物と紙オムツに分離し、汚物を下水に流し、紙オムツをゴミとして回収する方法や、使用済み紙オムツを専用の機械で粉砕し、そのまま下水に流して処理する方法などが、想定されている。

生ごみを砕いて下水に流す「ディスポーザー」の技術も活用するという紙オムツの下水処理。Twitterでは、

“トイレに流せるお尻拭き的なオムツがあればいいのにってずっと思ってたので期待!!!”

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >