2018/04/13 09:00

世界一辛いトウガラシで脳血管にダメージ 辛いもの好きは要注意?

キャロライナ・リーパーを作り出した人物は、さらに辛い唐辛子も育てているとか(イメージ)
キャロライナ・リーパーを作り出した人物は、さらに辛い唐辛子も育てているとか(イメージ)


世界一辛いとギネスにも登録されている、「キャロライナ・リーパー」というトウガラシ。「リーパー」は、英語で死神という意味で、辛すぎて危険であることが伝わってくる名前だが、ついに健康被害が及ぶ例が出てしまった。

アメリカのニューヨークで開かれたトウガラシの大食い大会で、キャロライナ・リーパーを食べた挑戦者の男性が、直後に激しい頭痛を訴えて病院に運ばれたことが明らかになったのだ。

神経科の専門医が4月9日に医学誌『BMJ』に発表した症例報告としてCNNが報じた記事によると、患者は34歳の男性。大会でキャロライナ・リーパーを食べた直後に後頭部に激痛が走り、頸部から頭部にかけてたちまち痛みが広がり、頭と首の激しい痛みを訴えて病院の集中治療室に運ばれたという。

ネット上には、この世界一辛いトウガラシを食べてみる、といった動画が多数アップされており、Twitterでは

“あぶねえwwwこれ俺放送のドM企画でやりかけた”

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >