2018/05/11 11:58

Twitter利用率トップが京都なのはなぜ? 独自に分析するユーザーが続々

マーケティング事業などを手掛けるモニタスが5月8日、47都道府県別SNS(Facebook、Instagram、Twitter)利用率調査の結果を発表した。それぞれの利用率トップが福島県(Facebook)、富山県(Instagram)、京都府(Twitter)との結果を受け、その要因を分析するユーザーが続出している。

モニタスは、全国都道府県の20~49歳の男女2830人を対象にインターネットリサーチを実施。Facebookの利用率は全国で33.6%。トップは福島県(47.5%)、次いで、鳥取県(46.5%)、佐賀県(45.5%)、宮崎県(42.6%)、京都府(42.6%)と続いた。最も利用率の低い県は群馬県(19.0%)だった。

Instagramの利用率は、全国では27.0%。最も高い県は、富山県(41.0%)で、2~5位は、愛知県(39.7%)、福島県(39.0%)、高知県(38.8%)、滋賀県(38.7%)の順。最も利用率の低い県は石川県(18.0%)で、トップの富山県と比べて大きな差がついた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >