2018/05/15 11:58

「海の日」が変わる? ネガティブな意見が多いワケ

GWが終わり、次の祝日は「海の日」。“海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う”という趣旨のもと、1996年から施行されている祝日だ。当初は7月20日だったが、2003年からハッピーマンデー制度が適用され、現在は7月第3月曜日が「海の日」とされている。しかしこれをオリンピック後は“元に戻す”という案がすすめられているといい、話題となっている。

ハッピーマンデー制度は、「休暇の取得増進と有給休暇取得率の向上、国内宿泊旅行の需要拡大を図る」もの。つまり、3連休を増やすからみんな体を休めたり旅行に行ったりしようねというわけで、海の日についても、日にち固定ではなく月曜日固定にすることで出かけやすくなるという狙いがあった。ちなみに「海の日」は、1876年に東北・北海道を巡幸した明治天皇が船で横浜港へ戻った日を記念して1941年に制定された「海の記念日」が由来とのこと。

ところが2020年の東京オリンピックを前に、超党派の議員連盟により、開会式のある2020年7月24日に「体育の日」(本来は10月第2月曜日)を移動させて祝日にするほか、前日の同23日を「海の日」として祝日にする案が浮上。閉会式は8月9日(日)で、翌日の8月10日は「山の日」(本来は8月11日)にし、祝日にする考えだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >