2018/03/23 17:35

春の訪れを感じるポイント、TOP10

春の風物詩といえば桜並木 写真:Anesthesia/PIXTA(ピクスタ)
春の風物詩といえば桜並木 写真:Anesthesia/PIXTA(ピクスタ)


3月も中旬になり暖かい日が続いている。先日は各地の気温が上昇、20度を超えたところもあり、春が訪れたと言っていいだろう。そこで、20~39歳の男性200人にアンケート調査。春の訪れを強く感じるものについて聞いてみた。

■あなたが「春の訪れ」を強く実感するものは?
(複数回答。協力:アイリサーチ)

1位 風が暖かく感じられる 50.5%
2位 桜の花を見た47.5%
3位 花粉症の症状が出る 43.5%
4位 明るい時間が長くなったと感じる 40.0%
5位 卒業をテーマにした曲を多く耳にする 21.0%
6位 いかにも新人といったサラリーマンを見た 20.5%
7位 人事異動の話が出てくる 18.5%
8位 厚手のアウターの出番が無くなった 13.5%
9位 ほこりっぽくなる 13.0%
10位 山菜など、春の味覚が出回る 12.5%

僅差で「風が暖かく感じられる」が1位に。やはり肌で季節を感じる人が多いようだ。また、2位には穏やかな「桜の花」、3位にはツラい「花粉症」と、対照的な春の風物詩が並んだ。春は出会いと別れの季節でもあり、何かとイベントが多い。そこで次に、「春とともに訪れた経験のなかで、一番うれしかったこと」について質問した。多くの人が挙げた3つの項目と、その理由は以下の通り。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >