楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/12 09:00

映画『アラジン』の吹き替えを担当した中村倫也が「いっぱい失敗できることが若者の特権」と女子大生にエール

映画『アラジン』の吹き替えを担当した中村倫也が「いっぱい失敗できることが若者の特権」と女子大生にエールの画像
映画『アラジン』の吹き替えを担当した中村倫也が「いっぱい失敗できることが若者の特権」と女子大生にエールの画像

映画『アラジン』MovieNEX(ムービー・ネックス)の発売記念イベントが10月10日に都内にある聖心女子大学で行なわれ、サプライズゲストとして同映画で吹替版のアラジンの声を担当した俳優の中村倫也さんが登場!映画の紹介とともに、学生たちの夢や悩みにエールを送り、会場は終始黄色い声援で包まれていました。

女子大でのイベントに「アラジンのように胸躍る冒険」

同イベントは「『アラジン』があなたの学校にやってくる!」全国ツアーと題して、さまざまな大学、高校、中学校で「アラジン」の上映会が行なわれているもの。今回スペシャルゲストとして登場した中村智也さんは女子大に足を踏み入れたことを、「アラジンのように胸躍る冒険!ドキドキ、ワクワクしています」とコメント。会場からは中村さんの声をかき消すほどの黄色い声援が送られていました。

中村倫也さんが来場者に手を振りながら登場!

イベントでは、ともに登壇した学生たちが『アラジン』の感想を話し、中村さんも「最初に参加した時にはアニメの世界観がこんなにも逞しく繊細に作りあげられていて、スタッフの力を非常に感じた作品でした。アニメから実写になることによって魅力が損なわれることもあると思うのに」と映画の魅力を力説。さらには、「『ホール・ニュー・ワールド』のシーンは絵を見ながら歌を撮るんですが、アフレコしていて一緒にじゅうたんに乗っているかのように、引き込まれながら歌った記憶があります」と吹替えの制作秘話を語っていました。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >