2017/05/20 22:00

【貧困女子】12円のモヤシを食べる現実とセレブ風インスタ。女の賞味期限は27歳と自嘲する元タレント~その1~

【貧困女子】12円のモヤシを食べる現実とセレブ風インスタ。女の賞味期限は27歳と自嘲する元タレント~その1~の画像
【貧困女子】12円のモヤシを食べる現実とセレブ風インスタ。女の賞味期限は27歳と自嘲する元タレント~その1~の画像

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回、お話を伺ったのは、現在、アルバイトをしている伊藤慶子さん(34歳)。手取りの月収は12万円で、東京都葛飾区の木造アパートが実家。区内の建設会社で事務をしている母親と一緒に住んでいるそうです。

慶子さんは一般的に女子力が高いタイプ。15年前にブームになった“エビちゃんOL”のような雰囲気です。黄色系の花柄のワンピースに、ベージュのバッグとパンプスには、それぞれリボンのモチーフが。スペードのマークが付いたブランドに、慶子さんが持っているものと似たデザインのものがあったことを思い出しました。

一般的に34歳というと、背中の全体に肉が付いたり、下半身にボリューム感が出たりする年頃です。しかし、慶子さんは体の線がとても細く、骨格が華奢。とはいえガリガリといった印象はありません。いったい何を食べているのかを伺いました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >