2017/07/17 10:00

この夏は鉄道旅!YASCORNさんに聞いた、女子のための「青春18きっぷ」講座~その2・ムーンライトながら編~

この夏は鉄道旅!YASCORNさんに聞いた、女子のための「青春18きっぷ」講座~その2・ムーンライトながら編~の画像
この夏は鉄道旅!YASCORNさんに聞いた、女子のための「青春18きっぷ」講座~その2・ムーンライトながら編~の画像

最近、ローカル線で旅をする女性が増えています。忙しい日々のスピードとは真逆の、のんびりゆったりした速さのローカル線から景色を眺めるのが癒しになるのでしょう。7月1日から発売になった夏の「青春18きっぷ」は、特急電車には使えませんが、ローカル線を楽しむにはぴったりのお得なきっぷです。堅実女子のための賢い使い方を、先日『おんな鉄道ひとり旅』を刊行した、漫画家のYASCORN(やすこーん)さんに伺いました。~その1~はコチラ。

イチオシは『ムーンライトながら』で夜行列車旅

「単行本にも描いていますが、私のイチオシは『ムーンライトながら』で夜行列車移動をすること。『ムーンライトながら』は東京と大垣(岐阜)を走る夜行列車で、青春18きっぷの使える期間に1日一往復しています。東京を23時10分に出て、名古屋に5時19分、大垣には5時50分に到着します。

ここで要注意なのが、青春18きっぷは1日1枚使用ですよね?ということは、23時台に使うと、それだけで1枚使い切ってしまうことになるのです。ですから、きっぷをセーブしたい人は小田原駅までは通常のきっぷで移動して、日が変わったタイミングで小田原駅から乗り込む、というのもテクニックとしてはあります。ただ、余らせるくらいなら夜行列車に乗る際に2回分を使ってしまうのもアリです。夏のき っぷは7月20日から9月10日まで使えるので、よく考えて使うといいですよ。ちなみにムーンライトながらの運転日はこのうち30日間です」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >