2017/08/26 11:00

【セカンド女子】「離婚はしないけど、それでいいなら」猛アピールを受けて付き合った不倫男の正体は新スタッフ食い~その1~

高校時代も5人の男性と付き合いましたが、どの彼もちゃんと好きだったな~という思い出はあまりないですね。男性が恋愛で『好きだ』とか『愛してる』とは甘い言葉を言われると、急激にひいちゃう自分がいるんです。受け付けられないほどの恥ずかしさに襲われて、よそよそしくなっちゃうというか……。自分はこんな感じで恋愛にハマることもなく、そこそこ好きな人と将来結婚するのかもと、思春期の頃は不安に感じていましたね」

直美さんは高校を卒業後に、県内の短大へ進学。アルバイト先で、とある男性と出会ったそうです。

「短大1年の時は毎日学校に行っていたんですが、2年になると通学は週3くらいになったんです。そこで暇だったこともあり、アルバイトを始めました。その頃には実家の飲食店は姉がメインで手伝っていたので私はいらなかったみたいで……。アルバイト先はホテルの清掃や雑用のスタッフでした。時給はそこまでよくなかったんですが、希望を出せば朝から働けるところが気に入りまして。そこでは淡々と働く予定だったんですが、フロントスタッフをまとめている社員の方と出会ってしまったんです。彼は12歳年上の30歳過ぎの既婚者で、物腰も柔らかく、大人の男性って感じでした。男臭くなくて、清潔感もすごくあって、とにかく優しかったので何かあると彼を頼るようになっていました。でも、異性としてではなく、あくまでもバイト先の社員さんとしてでした」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >