2017/09/11 10:00

文房具をテーマにした人気マンガ連載『きまじめ姫と文房具王子』の藤原嗚呼子先生、万年筆愛を語る!

文房具をテーマにした人気マンガ連載『きまじめ姫と文房具王子』の藤原嗚呼子先生、万年筆愛を語る!の画像
文房具をテーマにした人気マンガ連載『きまじめ姫と文房具王子』の藤原嗚呼子先生、万年筆愛を語る!の画像

小学館発行の雑誌『月刊!スピリッツ』で好評連載中の「きまじめ姫と文房具王子」。万年筆に始まり、消しゴム、修正液と続き、第6話となる10号(8月27日発売)では、コクヨの『キャンパスノート』をテーマに、ストーリーが展開されています。文房具の歴史やこだわりが、うまく登場人物の心情と絡み合うストーリーは読み応え十分。文具ファンならずとも、おすすめです。作者の藤原嗚呼子先生はもちろん文房具好き。そのこだわりや文房具愛について語って頂きました。

藤原嗚呼子先生。2006年『どこへ。どこへも。』が、第21回 MANGA OPEN(講談社)かわぐちかいじ賞を受賞。翌2007年、第52回 ちばてつや賞(講談社)にて、『colors』が一般部門入選。2008年にも第65回新人コミック大賞(小学館)で「アフター・ザ・ドリーム」が佳作を受賞。代表作は『デザインノイロハ』(モーニング・ツー/2010年)。

「ひと口に文房具と言ってもいろいろありますが、私は万年筆が好きなんです。きっかけは万年筆のインクがステキだなって思ったこと。インクを使うためには万年筆が必要で、いろいろな色のインクを使うためにはたくさん書く必要があって……。ということで、一時期、文通に力を入れていました。文通相手はみなさん文房具好きで、万年筆を使いたいから文通をされていて、互いにお友達を紹介したりして、文通の輪が広がりましたね。季節に合わせてインクを選んだり、便せんにこだわったり。情報交換もできるので、どんどん文房具が好きになりました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >