2018/02/23 10:00

【勤続10年女子】「結婚したら家から出られる……」Uターン就職するも、親の介護が待っていた1人っ子の憂鬱~その1~

【勤続10年女子】「結婚したら家から出られる……」Uターン就職するも、親の介護が待っていた1人っ子の憂鬱~その1~の画像
【勤続10年女子】「結婚したら家から出られる……」Uターン就職するも、親の介護が待っていた1人っ子の憂鬱~その1~の画像

「勤続10年」、今のご時世で10年も同じ会社で働いているのは幸せなことである。が、しかし、同時に新しい挑戦や可能性に踏み出せていないケースもある。

2017年の春に大学を卒業した女性の就職率は98.4%を記録した。しかし、新卒で就職したものの、3年以内の離職率は30%近いという調査結果もある。

今、アラサーと呼ばれる世代は大卒で入社した場合、職場ではちょうど10年選手。正規雇用にこだわらず、派遣やパートを選んで働く女性も増えてきた中、同じ職場で10年間働き続けてきた「10年女子」の彼女たちは、いったい何を考えているのだろうか?

「キャリアアップは?」「結婚は?」「貯金は?」、そんな「勤続10年女子」たちの本音に迫ってみた。

今回登場するのは、地方銀行の一般職として働いている佳代子さん(仮名・32歳)。

佳代子さんは、ダークブラウンの髪を大きめのバレッタでひとつにまとめていた。色白の肌には、ブラウンを基調としたアイメイクとコーラルピンクの口紅が似合っている。流行りの淡いパープルのモヘアニットに、細身のジーンズを履き、スニーカーを合わせた着こなしは、ファッション誌によくある“抜け感のあるおしゃれ”という雰囲気。仕事中は銀行の窓口業務のため、いつも制服を着用しているそう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >