2018/05/18 08:00

飛行機で「通路側」を好むのは日本人だけ!?その理由は、知らない人に物が言えない国民性にあり!

飛行機で「通路側」を好むのは日本人だけ!?その理由は、知らない人に物が言えない国民性にあり!の画像
飛行機で「通路側」を好むのは日本人だけ!?その理由は、知らない人に物が言えない国民性にあり!の画像

飛行機で座席を選ぶ際、「窓際」と「通路側」だったらどちらを選びますか?

「エクスペディア」が日本人を対象に調査を行なったところ「通路側」を選んだ人が53%で、「窓側」を選んだ人は46%。通路側が若干人気という結果になったそうです。ちなみに「真ん中」と答えた人はたったの1%。端っこを好む風潮がありますが、通路側の人気が高いのは一体なぜなのでしょうか?

飛行機の座席の選択肢……窓の風景をとるか、通路に出やすさをとるか?

同調査では日本だけではなく、合計10か国で同様に「機内の座席」に関するアンケートを行なっています。その結果、「通路側」を選ぶ人が全体の5割を超えているのは、なんと日本だけ!他の国の割合は以下の通りとなっているのです。

日本と同じアジア圏では「香港」が39%で「韓国」が32%となっています。

日本に続いての多いのは「シンガポール」で47%。最少は「インド」で、わずか14%しかいません。窓際のメリットとして思いつくのは、なんといっても窓から見える景色。フライト中は特に、地上ではなかなか観られない上空から景色を眺めることができるはずです。その一方、デメリットとして考えられるのが、「通路に出るのが大変」ということ。トイレなどで席を立つとき、真ん中や通路側の人に「ちょっとすみません」と一声かける必要があります。ちょっとしたことですが、どうやらこのひと手間が日本人にとって大きいようです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >