2018/06/01 08:00

「団塊世代実態調査」で判明した親世代の“不安”、そして子供世代に言いたいこととは?

「団塊世代実態調査」で判明した親世代の“不安”、そして子供世代に言いたいこととは?の画像
「団塊世代実態調査」で判明した親世代の“不安”、そして子供世代に言いたいこととは?の画像

アラサー、アラフォー世代の場合、親世代はいわゆる“団塊世代”が中心。定年を迎えた人も多く、これからの人生設計をどうするのか?子どもとして気になるのではないでしょうか?そこで今回は「キューサイ株式会社」が団塊世代に行なったアンケート「アラウンド70歳(団塊世代)実態調査」をもとに、親世代の心や体に対する意識を分析してみます。

男性は「高血圧」、女性は「骨粗しょう症」に不安アリ

現在日本の政府は65歳から74歳までを「前期高齢者」、75歳以降を「後期高齢者」と定義し、年金受給などのさまざまな補償を行なっています。つまり団塊世代は前期高齢者となるわけですが、やはり体力や健康に衰えを感じたり、不安を抱く人が多いのではないでしょうか。そこで同調査では、「現在感じている健康上の不調」をアンケート。その結果は以下となっています。

意外の多いのが「歯や歯茎の不安」。歯は若いうちからしっかりとケアしたいものです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >