2019/01/31 11:00

目の疲れ、老眼…働く30代40代の目の加齢対策を予防医学のプロに聞く!

目の疲れ、老眼…働く30代40代の目の加齢対策を予防医学のプロに聞く!の画像
目の疲れ、老眼…働く30代40代の目の加齢対策を予防医学のプロに聞く!の画像

働く30代、40代のプチ不調の改善法や、簡単に取り入れられるハッピーエイジングのための生活習慣を、予防医学のプロに伺います。第5回は眼精疲労について。デスクワークだけでなく、飛躍的に上がったスマホライフのせいで、いつも目が痛い、ショボショボする、夕方になるとピントが合わなくなってくる、という働く女子は多いです。

また、30代ではまぶたの下垂、40代に入ると老眼も視野にはいってきて……。“目の若さ”を維持する方法はあるのでしょうか。アメリカの最先端予防医療に詳しい虎の門中村康宏クリニックの院長、中村康宏さんに教えていただきます。

質問:「パソコンを使うデスクワークをしているのですが、目が疲れて目が疲れて仕事になりません。このまま視力がどんどん落ちて、仕事ができなくなってしまうんじゃないかと不安です。目が疲れなくなる方法はありますか?」(34歳・庶務)

☆☆☆

目の疲れは病気が原因の可能性も

眼が乾く、疲れる、しょぼしょぼするという自覚症状は、眼表面が乾燥しやすい環境下、たとえばエアコン下の生活でおこりやすくなります。また、近年、コンタクトレンズを装用する人や、パソコンやスマホを操作する人が激増したこともあり、自覚症状のほかに、なんとなく見えづらい、モノがかすんで見えるといった視機能異常に関連する症状を訴える患者さんも多くなってきています。これらは目の老化を早める要因にもなるものです。しかし、緑内障、白内障、ドライアイなど、治療可能な病気が原因の目の疲れの可能性もあります。まずは病気の有無を確認しましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >