2017/05/29 16:00

【東南アジアの食事マナー】スプーンとフォークでいただきます!

tabizine.jp
tabizine.jp
海外を旅するとさまざまな発見があるものです。食文化もそのひとつ。タイにインドネシア、フィリピンにマレーシアなど東南アジアの地域では、ナイフは使わず、基本的にスプーンとフォークで食事します。

(C)sweetsholic

シーフードや肉料理もスプーンとフォークがあれば、上手に食べることができます。でも一体、どうやって? 今回はローカルフードをおいしくいただくためのテーブルマナーをお伝えします。

右手にスプーン、左手にフォークで「いただきます」

まずはスプーンとフォークの持ち方から。ナイフの代わりとなるスプーンは右手、フォークは左手に持ちます。東南アジア料理を食べるときには、このスプーンが大活躍! スプーンでご飯やおかずを口に運び、おかずが一口では食べられない大きさの場合には、スプーンでおかずを一口大にカットします。フォークはあくまでも添えるだけの役割です。

フォークとナイフでの食事スタイルに慣れていると、右手に持ったスプーンを口に運ぶのは違和感を感じてしまいますが、東南アジアではこれがきちんとした食べ方なのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >