2017/05/19 16:00

バリ島のあちこちでみかける「チャナン」ってなに?

バリ島にはさまざまなチャナンがあるのですが、どのお供え物にもキンマ(ベテル)の葉とその実、そしてライムの3つから成るポロサンが欠かせません。ポロサンはヒンズー教のブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァという三神一体のシンボルです。

神様と悪霊用があります 
このチャナン、神様だけでなく悪霊にもお供えします。地面よりも高いところに置くのは神様への捧げ物、地面にじかに置くのが悪霊への捧げ物です。

悪霊用のチャナン

なぜ悪霊にも? と疑問に感じてしまいますが、「どうか悪いことをしないでくださいね」という願いが込められているそう。ちなみに悪霊用のチャナンは神様への捧げ物と比べると質素です。

お祈りとチャナンを体験してみました!
毎日の習慣となっているチャナンは、用意したらそれで終わりというわけではありません。お供えの際には、必ずお祈りをします。

どのようにお祈りするのでしょうか? そこで、バリ島の総合型リゾート「アヤナリゾート&スパ バリ」が主宰するクッキングスクールで、料理教室とお祈りのセレモニーを体験してみることにしました。スクールには2種類のプログラムがあり、筆者が選択したのは、お祈り体験後にシェフの指導のもと、バリ料理を学ぶレッスンです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >